ノート

世の中でデジタル化が進み、文字として記録するのは、ノートよりパソコンのほうが大きくリードするようになりました。その一方で、やはり素早く書き残したり、視覚的に書いておきたい場合は、手書き優先になるようです。そこに注目をした現在のトレンドは、想像力をかき立てるノートのようです。

なかでもアイデアやひらめきを自由に視覚化し、図やイラストが描きやすい「方眼ノート」が特に注目されています。オススメは、シンプルで持ち運びにも便利で、自由度が高いものです。インクによる裏ぬけがしにくい紙質のものは、なめらかな肌触りで、シャーペンやボールペンなど、どんな筆記用具でも満足できる優れもののようです。スリムタイプのものは、バッグの中に一冊忍ばせておくにはちょうどよい大きさで、大変便利です。さらにポケット&バンド付きのものは、旅先で記録をしたり、チケットを入れておくにはちょうどよいかもしれません。

「方眼」に抵抗があるという人には、スタンダードな横罫線や無地タイプでも、ちょっとした工夫がプラスされたものがよいかもしれません。クラシカルなデザインの「大学ノート」は、昔と変わりがないように見えますが、紙質にこだわりがあり、高級な万年筆との相性が抜群です。同様にノートの定番商品も、書き心地を追求した用紙を使用し、デザイン性やアイデアを追求したノートとは、見えないところで存在感を発揮しています。

ノートに書いた後、切り取ってファイルしたい人に対応した、2穴付きノートや、ミシン目付きのリングタイプ、金属のリングでは手に当たったときに痛いという人にはソフトリングタイプ、A4の大きさをノートに貼りたい人には、A4より少し大きめのノートなど、好みや用途に合ったノートを選んで、使い勝手を試してみることです。

Leave a Comment