値段へのこだわり

シャープペンシルの値段はピンからキリまでです。しかし、100円前後の価格帯のシャープペンシル市場が長く続いてきましたが、ここ数年で急激に変化しているようです。「折れない芯」「高級化」が流行し、そういった商品が続々と登場しています。
1000円を超えるものもありますが、やはり機能性は充実しており「芯の折れにくさ」を追求した商品は、大事なテストの最中など、芯が折れてしまって集中力に邪魔が入ってしまう中高生に人気があるようです。テストだけでなく授業中も中高生はシャープペンシルを使用する機会が多いですし、少し高くても良い商品ならば人気があるのも当然ではないでしょうか。
もちろん低価格帯でも良いシャープペンシルはたくさん存在します。速記用のロングセラーなシャープペンシルや、芯の強度が十何倍も強化されているもの、シャープペンシル本体と替えの芯をブランドで統一するものなど、種類豊富に用途も様々、求めているかたの条件にぴったりと合うものがあるでしょう。
様々な価格帯で展開されている、製図用のシャープペンシルも人気です。製図用、と聞くと専門的なものなので高いのでは?と思われるかもしれませんが、低価格帯でも製図用シャープペンシルは存在します。専門的なものなので品質が高く、普段使いようにと選ぶ人もだんだんと増えているようです。
シャープペンシルに限らず、高いものが良い、安いものが悪い、ということは存在しないのではないでしょうか。自分に合うものが見つかることが最大の贅沢かもしれません。文具コーナーを覗いてみて、自分がどういった用途のものを欲しているか、たくさんある商品とにらめっこするのも面白いかもしれませんね。

Leave a Comment