プラスアルファへのこだわり

スマートフォンやタブレット端末の普及で生まれたのがボールペン付きタッチペンです。どちらが主役なの?となってしまいそうですが、どちらも主役でしょう。アナログでもデジタルでも円滑に使用できるのがこのペンの魅力だと言えます。
デザインも多岐にわたっています。スマートフォンユーザーを意識して、伸縮するうえにコンパクトサイズで収納性が高いもの。スリムでコンパクトなボディのもの。海外製の高級感あふれるもの。たくさんの種類がタッチペン付きボールペン市場に出てきています。
タッチ部分にも様々なこだわりが散りばめられています。特殊繊維をタッチ部分に植毛したものや、感度に優れているソフト導電性シリコンゴムを使用したものがあります。なかにはなんと50万回のプレステストに合格した一品も。
タッチペン付きですが、ボールペンでもあるのでこちらも妥協はできません。端末へのタッチが快適なことは当たり前で、ボールペンとしての書き心地にもこだわっている商品も多々あります。品質と高級感を一緒に表現することに成功している商品もあります。
タッチペン付きボールペンは安価なものから高価なものまで様々な価格帯で準備されています。タッチした感覚も、ボールペンとしての書き心地ももちろん、デザインを重視したい!というかたのニーズにも応えるようにタッチペン付きボールペン市場は広がっているのかもしれません。今この市場は熱い!らしいです。
デジタルシーンを活用することのほうが多いかたも、こういったタイプのボールペンが1本あると助かるかもしれませんね。細かい部分はタッチペン部分で、筆記にはもちろんボールペン部分で。1本で使い分けできる事は大きいかと思われます。