デザインへのこだわり

使用頻度の高いボールペンという存在。持つからにはデザインにもこだわりたいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。見た目だけでなく、持ったときのフィット感も重要です。手が小さめな女性が持ってもしっくりくるもの、男性の手に馴染むもの。一概には言えませんが、何通りものボールペンが存在します。
お気に入りのインクの色でボールペンをカスタマイズできるものもあります。2色~4色ほどのホルダーを持つものが市場には多く、インクの色はもちろん、種類も選べます。1本のボールペンで何色も色分けができると便利ですよね。こういったタイプのボールペンの中にはボディが選べるリファイルペンというものもあります。オリジナリティあふれるデザインにこだわりたい!というかたにはぴったりではないでしょうか。とくに中高生を中心に人気があるようです。手帳の整理はもちろん、ノートを使用することが多い学生さんには強い味方でもあるでしょう。1本あれば筆箱の中がごちゃごちゃしない。1本手帳のペンホルダーにさしておくだけ。とても利便性が高いかと思われます。リファイルペンは中高生に人気ではありますが、中にはグッドデザイン賞を受賞した、大人ユーザーにもぴったりなものもあります。ボディの洗練された形と色は手に取る人を選びません。メーカーが掲げるキャッチコピーには、自由に選べる、自分らしいなどと、商品にそのまま反映されているキーワードが多いそうです。
デザインの中には適度な重みがペン先にかかり、筆記感を安定させてくれるものもあります。素材やデザインは、見るだけでなく、組み合わせられることによって高機能性を持ったボールペンとなっているようです。