シャープペンシル

シャープペンシル。誰もが一度は手にとったことがあるペンの一つかもしれません。今、100円前後の価格帯で長く続いてきたシャープペンシル市場が、ここのところで急速に変化しているそうです。
シャーペンの利点は鉛筆と違って削る必要がない、削る手間がかからないところです。ですが、便利ではありましたが、細い芯は折れやすいことが難点でもありました。書き心地もあまり満足がいかない、といった経験をした人がいるかもしれません。その書き心地や折れやすさに焦点をあて、探求し開発された商品が続々と近年登場しているようです。昨今のシャープペンシルのトレンドは「折れない芯」と「高級化」という話も。
シャープな書き心地を求めるか、安定感を求めるか。使用者のニーズに合わせ、市場も変化しています。もちろん握りやすさ、持ちやすさ、携帯のしやすさ、デザイン性、全てにこだわりを持つことも大切でしょう。もしかしたらあなたの求めているもの全てを満たしてくれているペンがこの世にはもう存在するのかもしれません。それほどまでにシャープペンシル市場は激変しているそうです。
筆圧が強く、芯がよく折れてしまうというかたはいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方向けの商品も次々と開発されています。「とにかく折れない」という大活躍間違いなしの性能と、ビジネスシーンで使用していてもおかしくないデザイン性を併せ持った商品もあります。
ボールペンと同じく、日常生活で使用する頻度が高めなシャープペンシル。そんなシャープペンシルに付随する様々なストレスは、今色々な商品が市場に出回っていることで解決されるのかもしれません。文具コーナーを覗いてみるといい出会いがあるかもしれませんね。